コラム

意識と現実創造 〜物質界において影響を及ぼすには?【現実における錬金術】

今回は、意識が現実に反映されるプロセスや、
【現実における錬金術】といった話を
お伝えしていきたいと思います^^♡

* … * … * … * …* … * … *

私達(人間)が、物質界において
なにかを具現化したり
影響を及ぼしていくには、

イメージする意識(創造や在り方)を
具体的な「選択」や、「行動」に
反映させていく必要があります。

選択、といっても、大きなことばかりではなく
小さなことを「する」「しない」も、選択の一つです
私達は、日々、選択し続けています

実際、イメージ(意識)しただけで
物質界に変化が起こるわけではなく

粒子や情報レベルでは、
動くものもあるかもしれませんが

↑決めたら、なんらかの情報や
連絡を受け取る、といったこと

創造(体現)する、と決めた意識を

物質界のルールに則った
プロセス(=行動・選択)へと
転換していく、必要があります。

以前の講座の中で、
「事実・結果・物質そのものの
 コントロールはできない」

といったことを、お伝えしているのですが

例えば、
「熱海行き」の電車に乗っている場合
どんなに意識上で、「長野に行く」
と「決めた」としても、
現実では、「熱海へ」向かっていきます。

長野に行きたい、のであれば
その「事実」に、気付き

↑「熱海行き」に乗っているという事実

降りて、「長野行き」の電車に
乗り換えなければならないのです。

スピリチュアルでよく伝えられている
「決めるだけ」といった言葉も、

多くの場合の真意は、

(意識を)決めて、その決定に、
エネルギー(動力)を掛ける

=体現する

といったことがセットに
なっているはずです。

意識やフォーカス(世界観)は
現実や創造に大きく関わっていますが、
それは、意識的か無意識かに関わらず
実際の「選択」にまで影響を及ぼすからです

例えば、

「鳥になった意識 (認識)」でいたら
今すぐ、空を飛べるのか?

というと、それは不可能に近く

「人間」という素材・特性(=事実)を
「意識で変化させる」ことはできないため、

そういった意識を具現化(体験)するには
「航空券を予約し、飛行機に乗る」
といった、プロセスを経る必要があります。

仮に、「鳥になった意識」で
飛んでみた場合は、
怪我をしてしまうかもしれませんが

↑それも一つの経験なのですが
 (氣付き・学びの機会)

具現化していること(=事実)は、
必ずどこかで、誰かの決定が存在していて

集合意識や、他者の決定、またその積み重ね
生まれる前の決定なども、含まれますので
必ずしも自分の意識的な決定とは限りません

過去の決定により、「起こった事実」は
(上記の、人間を選んで生まれたこと、など)
なかったことにしたり、取り消したり
コントロールすることができません。

私達は、過去の決定による「結果」や
「事実」を受け入れ、自身が

ここから、どう創造(選択)していくか?

といったことと、
向き合っていくしかないのです。

スピリチュアルでよく言われている
「創造主」という言葉の真意は、

この世界のなんでも
思い通りにできる、ということではなく

自分の人生や、意識、創造(選択)に
主体性(責任)を持って、具現化する者
といった意味と、捉えています。

また、「物質をコントロールすることはできない」といったことの意味は、

存在している全てのモノや、人には、
ベースとなる固有の周波数や
(存在の始まりに決めた)
素材的特性(=本質・役割のようなもの)
を、持ちます。

それを、変えることはできない、ということ。

実際には、変わるもの、変わらないものがある、といったイメージ。

例えば、現実的な「錬金術」を
イメージしてみますと、

「鉄を金へ、変化させる」という
意識(=創造の意思)を持ったとして

鉄を金へと「物質的に」
変化させることはできないけれど

鉄を、何らかの方法で
(情報やプロセスを通じて)

金に交換することはできる、
といったイメージです。

↑鉄や金自体の素材的特性は、変わらず

このように、
地球上(物質界)における錬金術とは

物理次元のルールに則り、
なんらかの物理的なプロセスを通じて、
あらゆるものを具現化させていきます。

* … * … * … * …* … * … *

お読みいただきありがとうございます。

それでは、また♡

こちらの講座では、そういった「物質(事実)をコントロールする」ということにフォーカスするのではなく、起こっている事実、自身が感知している感覚をどう捉え、選択(反応・行動)していくか、といったこと(=氣付きや学び)の重要性について、お伝えしています。

※補足:「ととのえるアイテム」についても、「共振現象」に基づき、「振動(エネルギー循環)を調える」アイテムですが、そのモノの「周波数」や素材的性質を、変化させるわけではありません。(例えば、オイルの「滑らかさや質感」が変わっても、本質・機能自体は変わらない、といったイメージです。)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事