氣付き-note

誠実に生きること

* … * … * … * …* … * … *

“誠” という言葉の意味は

言葉や行いにつくりごとがない
偽りのない、本当
真実の心

ということ。

物理(肉体)次元である、
この世界において

すべての層(次元や領域)から
理解され、認められること

すべての人へ
愛想(形上の優しさ)を振りまくこと
好かれることは、不可能であり

この世界で
魂本来の役割を全うするには

陰とも思える要素(行為)を含め
自らで在ることを認め

時に、表面的な優しさや甘さを
断ち切ることが、必要になることがあります。

優しさのみ、でもなく
正義、でもなく

「 誠実に、生きること 」

それは、それぞれの魂にとっての
より拡大した”愛の体現”、となります。

一見、冷たい(陰の)ように
みえたとしても

さらなる大きな目的(循環)や
本質・役割のために

断ち切る、判断する、
ということは

相手を、意図的に傷つけるのとは
大きく異なり

進化において、必要なことです。

どんなに傷つけないよう
配慮をしたとしても

どんなに純粋な想いからの行動
であったとしても、

感情(表面的な側面)において
(どう受け取るかの自由、意識の設定により)

ショックを受ける人は、
必ずどこかに存在(発生)することになります。

それは、物理次元上の世界では
仕方のないこと、です。

あらゆる存在や反応が在るのは、
自然の摂理、だからです。

* … * … * … * …* … * … *

お読みいただきありがとうございます。

日々の氣付きやメッセージは
Instagramにて更新中です↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事