~ Inner beauty sparkle for a new earth ~
波動を高め、内なる輝きを放つライフスタイル探求
肉体のケア

タオガーデンでのマッサージ体験談【チネイザン・カルサイネイザン】

前の記事でタオガーデンでの滞在についてまとめました

この記事では、タオガーデンでのデトックス体験についてです♪

チネイザン・カルサイネイザンとは?

チネイザン・カルサイネイザンについて、わかりやすかった別のサイトから引用させていただきます↓

チネイザンは、古代道教(タオ)に伝わる伝統療法で、
腹部のデトックスマッサージを指します。

チネイザンは「氣内臓療法」とも呼ばれ、腹部に蓄積した負の感情が、
病や不調の原因であることを突き止めた古代道教の老子たちの手によって、
語り継がれていました。

チネイザンでは、内臓に怒りや不安、恐怖といった感情が蓄積し、
内臓が元気な時はそれらの感情も消化できるものの、
これらの感情が過多の場合、未消化の感情として、
そのまま内臓に蓄積して、不調を招くとされています。

たまよろ庵HPより

つまり、『未消化の感情が内臓に蓄積して、それが病気や不調の原因になる』、ということです

ちなみ、腹部にある臓器だけではなく、子宮や心臓など、すベての臓器それぞれにたまりやすい感情などがあり、特に腹部周りにそれらに繋がっているツボ(?)みたいなものがあるらしく

それらの溜まった感情などを、腹部をマッサージすることによってほぐしながら、流していく(解放していく)のが、“チネイザン”です

さらに、それの生殖器(子宮など)バージョンが、“カルサイネイザン”です

感情と病気の関係性

病気と感情(エネルギー)が密接な関係があるというのは、前々から認識していました

以前、感情を感じ切り、味方につけるという記事で書いたのですが、感情には本来、良い悪いというのはなく、すベてが同じエネルギー

しかし、その感情に対して、ジャッジ(良い悪いの判断)をすることで、悪いものは出してはいけないと抑圧してしまいがちです

抑圧されたエネルギーは、未消化の感情・エネルギーとして体に溜まっていく

チネイザンの施術中に聞いた話ですが、DNA細胞の中には、今世の記憶だけではなく、先祖やそれ以前の記憶も含まれていると考えられているそうです

つまり、これまで自分自身が我慢・蓄積してきた感情だけではなく、生まれてくる前から引き継いだ感情や、集合意識的な感情も含まれているということ

これは、これまでの体感的にもとても納得がいくものでした

(私は、生まれ育った環境とかそういうのに関係なく、生まれながらに生き辛さを感じている人がいたとして、それは親のせいでも自分のせいでもないと思っている)

タオガーデンでのマッサージ体験

マッサージは、素敵なスパ専用個室で施術を受けます♪

今回私が選んだメニューは、すベてこちらでの施術でした^^

チネイザン(内臓デトックス)

湯たんぽのようなもので温めながら施術は始まりました

お腹周りのツボを、温めたオイルを使って、ゆっくりと深くマッサージしていきます

人によってはものすごい痛みを伴ったりするらしいのですが、痛みに関しては、私はわりと平気でした

むしろとても心地よく、マッサージ中に眠りそうに…( ˘ω˘ )

腹部周りのツボにそれぞれ繋がる内臓があるらしく、そこを押していくことで、溜まった感情やエネルギーの滞りを流していきます

ちなみに、私は特に腎臓の箇所の痛みがひどかったのですが、恐怖心や恐れの感情をさしているそうです

他にも、人によって、怒り・悲しみ・憂鬱など、いろいろあります

チネイザンは気功の要素が入ったマッサージで、施術中、コリのようなものを見つけると、溶かして流しているような、エネルギー治療のような感じでした

実際、施術中に抑圧していた感情があふれ出して、涙が出てきたりする人も多くいるとのこと

私の場合、施術中・直後は気持ちよく終わったのですが、数日後に、大きな感情の解放が起こりました…
(まさに、嫌われてはいけないという、“恐れ”に基づいていました)

また詳しくは、別で書きたいと思います

感情を流すということは、同時に、感情を抑圧させていた観念(思い込み)やイメージもでてくることがあります

私自身、無意識のうちに抑圧していた感情が浮いてきて、また、我慢するのが当たり前となっていた観念と向き合わされることになりました

カルサイネイザン(生殖器デトックス)

子宮(生殖器)には、深い悲しみや、より古い感情やカルマが溜まりやすいと言われています

生殖器周り(膣など)にもたくさんのツボがあるそうです

女性の場合、ホルモンバランスや生理、女性性に深く影響を与えているとのこと

カルサイネイザンは、日本ではなかなかできない体験だと思います

前半はチネイザンから始まり、実際に性器(膣)の周りや中に手を入れてツボをマッサージしていきます

こちらも痛みはほとんどなく、終了後に血が巡って、とてもスッキリ!

やはり人によっては、とても痛いそうです

最後に、膣のトレーニング(?)のようなマッサージ方法を教わりました(°▽°)笑

タオ(道教)のオイルマッサージ

次に紹介したいのが、タオ(道教)のオイルマッサージ

これについてはネットで調べても情報がなく、どんなマッサージかはわかっていませんでした

チネイザンなどもタオ(道教)に伝わるマッサージだったので、それとどう違うんだろう
?と気になったので受けてみました

が・・・!

これがとっっってもよかったのです!!!(≧∀≦)

もし行く予定のある方がいれば、ぜひともオススメしたいマッサージです♡

チネイザンが内臓デトックスのマッサージだとすると、こちらは、筋肉やリンパなどの細胞にある滞りを流すデトックスマッサージといった感じでしょうか

私の場合、特に腕に滞り(ブロック)があるとのことで、腕周りを中心に流してもらいました

確かに、私は過去に、腕を酷使することが多くありました

ピアノの練習と、かなりガリ勉タイプだったので、無理して勉強していた時期が長くあります

で、実はずっと、腕がなんとも言えない不快感に襲われて眠りずらかったりすることが多々あったのです

面白いなぁと思ったのは、何年も前に、無理して動かしていた腕の疲れが、滞りとして残っているという点

寝て休んだら終わりじゃないんですよね。笑

肉体的な疲れと、我慢(無理)していた時の感情がセットになって、肉体に残る

(肉体だけでみたら、体の使い方の癖として残る、という考え方もあるかも)

それが、体感的に理解できた、貴重な体験でした

マッサージで流してもらったら、腕がとてもスッキリして、超感動!!だったのです♡

個人的には、受けた中で一番効果が実感できたマッサージでした(*’▽’*)

リンパマッサージ

最後に受けたのは、リンパマッサージ

リンパマッサージは強く押すのではなく、やさしく触ってサラサラと流しているという感じでした

リンパを流すのに力を入れる必要はない、と知り合いのセラピストの方から聞いたことがありましたが、本当にそうなんですね

リンパケアは、日頃から自分で意識的に流すようにすると良さそうだなと思いました^^

サトウ式リンパケアとか、学んでみたいなぁと思いながらなかなか学べず…汗

以上、マッサージ体験の感想でした!

終了後はジンジャーティーをいただきながら、まったり〜

おわりっ

タオガーデンのホテル情報&予約

住所 274/1 M 7 Luang Nua Doi Saket Chiang Mai Amphoe Doi Saket, Chang Wat Chiang Mai 50220 タイ
アクセス チェンマイ中心部から車で30分
公式サイト https://www.tao-garden.com/(一部日本語あり?)

海外ホテルの予約は、アゴダ(agoda)というサイトが簡単・安全・安く予約できるのでオススメです!

>> agodaでタオガーデンをチェックする

航空券はいつもこちらで予約しています↓

>> エクスペディアをチェックする

タオガーデンへ滞在してきたよ【チェンマイ一人旅】先日、チェンマイ一人旅をしてきました♪ この記事では、メインイベントの一つである“タオガーデン”での滞在&デトックス体験についてつ...

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ABOUT ME
ゆうな
ゆうな
アトピーをキッカケに、自然療法や健康について探求、エネルギーや周波数の大切さに気付く。占星術やチャネリング、瞑想を深める中で、封印していたスピリチュアル資質を受け入れ、今に至る。意識と肉体から波動を整えること、”本質で生きる”をサポートをしています。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です